【転売】をやるのであれば「Amazon」に支払う『販売手数料』を24項目覚える事が効率的

どーも。

BIG D

ビッグDです。

 

最近ちゃんとした敬語を使うことができなくて、本気で悩んでいます。

転売をやってるとお客様からのメッセージがちょこちょこ届くので、やりとりに困惑気味です。

転売をやるのであれば少しは敬語を勉強しといたほうがいいですよ。

 

■Amazonに支払う販売手数料を覚える

Amazonに支払う販売手数料を紹介したいと思います。

正確には手数料ではなくて販売した商品にたいしての比率なんですよね。Amazonを利用して転売をしていると覚えておいた方が圧倒的に仕入れが効率的になってきますので、全部じゃなくてもいいので扱う可能性のあるカテゴリーの販売手数料は把握しとくことをおすすめします。

それと手数料だけでなくカテゴリー成約料っていうのもあるのでご注意してください。

商品のカテゴリー

カテゴリー成約料

販売手数料率

書籍

60円

15%

エレクトロニクス商品(家電・カメラ)

0円

10% もしくは50円の高い方

パソコン・周辺機器商品

0円

8%

Kindleアクセサリ

0円

45%

楽器

0円

8%

ヘルス&ビューティー商品

0円

10%

コスメ

0円

20%

ミュージック

140円

15%

スポーツ&アウトドア商品

0円

10%

DVD

140円

15%

VHS

30円

15%

カー&バイク用品

0円

10%

おもちゃ&ホビー商品

0円

10%

TVゲーム商品
(ゲーム機本体は8%)

0円

15%

PCソフト商品

0円

15%

ペット用品

0円

15%

文房具・オフィス用品
一部例外あり

0円

15%

ホーム&キッチン商品
一部例外あり

0円

15%

大型家電

0円

8%

DIY・工具

0円

15%

食品&飲料商品

0円

10%

時計
(一部例外あり)

0円

15%

ジュエリー

0円

15%

その他全商品

0円

15%

参照元:Amafee

 

Amazonの販売手数料=カテゴリー成約料+(商品代*販売手数料率)

 

こんな感じです。

では、おやすみ。

 

ビッグD

転売屋たちも見てる最新転売情報ランキンを覗いてみよう

にほんアフィリエイターが集うアフィリエイトランキング
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ