Amazonの30日ルール!あなたなら返品後の対応はどうする?

どーも。

BIG D

ビッグDです。

 

ここ何年かスッキリ目覚めたことがありません。

どっかしらが痛いです。

肩腰足太もも。

これから、死ぬまでこの問題と向き合っていくのでしょうか⁉

 

今日は返品について書きたいと思います。

せどりをやってると返品はつきものですよね。

Amazonにかんしては、購入して30日以内ならいかなる理由でも返品可能なんですよね。

例えば、イメージと違ったとか、好みの色じゃなかったとか半分嫌がらせだろみたいな事もざらにあります。

実際にあった例ですけど、食品系の家電を販売した時の話なんですが、仕入れ額がそこそこ高かったから売れてくれて安心していたのですが、28日後に蓋が開かなくなったという理由で返品くらいました。

商品が戻ってきて確認してみたところ、蓋はちゃんとにあく状態でした。

しかも、返ってきた商品はカビだらけ。

さすがに、これには頭にきてAmazonに問い合わせたところ30日以内での返品なので対処はできないとのことでした。

もう泣き寝入りですよね。

みなさんもこれからせどりをやっていこうと思うなら一度は経験することだと思うので覚悟しといてください。

スポンサードリンク

商品が返ってきてもまだ売れそうな状態でしたら、別の販路でさばくのありですよね。

例えば、Amazonに新品で出品していて返品をくらった場合なんかは、そのままAmazonに中古品で再出品しなおすのか、それとも別の販路でさばくのがいいのかってとこですよね。

Amazonはモノレートをみればだいたい検討がつきますが、ヤフオクであれば「オークファン」ってサイトがあるので落札相場を調べてからどちらが高く売れるかをちゃんとに見極めてから出品していけば赤字がどれだけ抑えられるかにかかってきますよね。

その際フリマアプリにも同価格ぐらいで出品していけば回転率もあげていけますね。

では、おやすみ。

ビッグD

転売屋たちも見てる最新転売情報ランキンを覗いてみよう

にほんアフィリエイターが集うアフィリエイトランキング
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ