2016年の気になってるよーー!3つ!(タブレット編)

寝顔がこんな顔してます。どうものび男です。

IMG_3523

 

2015年もあと1日となりました。

12月からブログも新規参入させて頂きましたが、自分達のやってきた事の議事録的に表現することが出来て楽しさを覚えてきました。

来年はみなさんと何か面白いことでも出来たらなとも考えております。

2016年も当ブログの応援よろしくお願いします。

 

 

さて今日は2015年を振り返る。。。

 

ではなく、

 

2016年の「のび男」個人的にとても気になってるよー!

 

を3つを紹介して行きたいと思います。(4人の意向関係なく個人的のやつです)

スポンサードリンク

■2016年アフィリ・転売目線で大予想!

2013.2014.2015とあるものが急激に伸びてきているのをご存知ですか?

それは、

 

タブレット端末

 

です。

 

伸びてるのは体感の情報でわかってるよ。確かに周りにはスマホ、タブレット、スマホ、タブレット。。。

うるさーーい!!

 

風俗の店員さんも写真を見せる際は盛りに盛った激かわの女の子をiPadでスライドしてみせてきます。

時代が変わったんだ。。

 

なんて言わず、それだけ需要があるってことです。

米国NPDディスプレイサーチが

2016年には世界のタブレット端末出荷数が3億5860万台に達して、ノートPC3億5420万台を上回る

と記しています。

 

タブレット端末が更に増えればもっともっとネットが身近になり、出来る事や可能性が増加していきます。

ネットはわけわかんないし苦手、とは言ってられません。

特にアフィリや転売(せどり)をやっている人は模索していかなければ生き残れない事だってありえます。

 

 

ホント小さい事事例ですが、

転売(せどり)なら、Amazon、楽天、ヤフオク、メルカリ、ラクマ、輸入、ネットショップ、予約転売、即売れ通販商品などなど、挙げればキリがないですがタブレット・スマホの重要が増え一般の方が簡単に出品できたり、ライバルが増え即売れ通販商品のサイトが繋がりにくくなったり、

アフィリで言えば、今までPC向けのサイトデザインだったのがモバイル向けに展開したり、タブレットの広告非表示に対応する方法であったり、はたまたまだ誰も思いついてない方法でアフィリ出来たりするかもしれないし、

まだまだありますがそれぞれメリット・デメリットがある中で、タブレット需要が増えたって事は無視出来ないよって話です。

 

 

ネット関連が苦手なんて人はなおさらどんどんチャレンジしてください。

とことん突き詰めれば、ヨドバシカメラの福袋通販でフォーム値を変えて購入なんて事もできるみたいですよ。もちろん自分たちはそんな事まだ出来ないので福袋は惨敗でした(TдT)笑

あんまりタブレットとは関係ないか。

この辺の記事は、ビッグDもしくはメルヘンYがのちのち記事にすると思います【】←記事リンクお待ち下さいm(_ _)m

 

 

前置きが長くなりましたが、

2016年からはタブレットが主流となり2017.2018と続いて行く年になっていきます。

ここからは、完全な個人的観測ではありますが「ネットとリアルが融合」なんて言葉があるように、2016年からは更に融合が密になっていくのかななんて思ったりしてます。

 

そこでタブレット端末関連で2016年気になってるよーー!を3つほどご紹介したいと思います。

 

 

■2016年の気になってるよーー!3つ!(タブレット編)

「Pokémon GO」


©2015 Pokémon. ©1995-2015 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
©2015 Niantic, Inc.

公式ページには、こう記されています。

『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲームです。
このゲームはモニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会ったりしながら楽しむことができます。

元々『ポケットモンスター』シリーズは、ポケモンの交換やバトルといった要素によってプレイヤー同士が繋がる、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきたゲームです。
『Pokémon GO』は、そんなポケモンの世界を更に拡げ、これまで以上にリアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームになります。

『Pokémon GO』は、AndroidとiOSにて、2016年サービス開始予定です。
基本プレイは無料、アイテム課金有りのサービスを予定しております。

現実世界を舞台にしてポケモンて!!

公式ページリンク

もうめちゃくちゃ楽しそう!!

現実世界を舞台にポケモンができるなんて、始めて赤緑のソフトを買った時には想像もしてなかったでしょ。

大の大人が道端でポケモンを探してるなんて光景が見れるかもしれませんね。

多分こういったゲームが増えてくるんじゃないかな。

 

ネットとリアルの融合の代表例ですね。

 

 

「LINE LIVE(ライン ライブ)」

©LINE Corporation

 

公式ページには、

スマートフォンやタブレットなどスマートデバイスの普及や通信ネットワークの向上により、自分の好きな番組を録画・アーカイブ化して自分の好きな時間に視聴したり、オンデマンド形式で人気番組やドラマを視聴したり等、時間や場所を選ばず、気軽に様々な動画コンテンツを視聴できる環境が整ってきています。その一方で、皆で同じ番組を、リアルタイムで同時に楽しみ、盛り上がる視聴体験の機会が失われつつあるのが実情です。

公式ページリンク

タブレットが普及すると同時に必要となるのが時間や場所を選ばないってことですよね。

でもリアルタイムでも楽しみたい!

 

どんどんわがままになってくやないかぁ。と思ってしまいますが、世間の声を受け入れてリアルタイムをネット場で共有するって考えがとても気に入ってます。

コンテンツも、「ラブライブ」「オールナイトニッポンなどTVやラジオと連動した番組だったり、三代目 J Soul Brothers」の個人配信番組を予定してたりと中々今後に期待しちゃいます。

やり方が上手いですよね。

私は、今人気急上昇してる「原宿駅前ステージ」のLIVEやってたので鑑賞してました。この場所に出てくる子達には注目してます。

 

今後LINE LIVEが一般化なんてあるかもしれませんし、ユーチューバーみたいな稼ぎ方も出てくるかもですね。

 

 

Iot(アイ・オー・ティー)モノのインターネット

©SAP

 

IOTとは

IoTとは、従来、インターネットに接続されていたパソコンやサーバなどIT関連機器に加えて、これら以外のモノ(Things)をインターネットに接続する技術のことである。「モノのインターネット」とも称される。
具体的には、テレビやオーディオプレーヤー、HDD/DVD/Blu-rayレコーダー、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラなど情報家電と称される機器のインターネット接続は既に始まっており、今後は、エアコン、給湯器、照明器具、調理家電などのIT以外の家電製品、あるいは健康器具など家電以外の各種製品が接続されることも想定されている。また、ビルや工場などの施設内、あるいは屋内外のあらゆる場所のセンサーなども接続対象となることが想定される。

引用サイト:HITACHI

 

スマート家電とか未来家電って言われる奴がそうです。

スマホ+冷蔵庫、スマホ+家の鍵を締める

みたいな事が出来たりします。

冷蔵庫に液晶がついてそのままネットで買い物とか出来ちゃいます。

 

今までネットとは縁がなかった人でも触れることによりネット人口が増え、直接広告を打つとか商品を買ってもらえる機会が増えるとか想像しちゃいますよね。

正直な所、IOTの普及はもうしばらくかかると考えてますが、開発者たちが急ピッチでプロジェクトを進めてきている事業です。

もう必ず来る事業ですので(というかすでにきてるか)頭のいい人達はすでに始めてたりしてるのかもね。

 

 

■まとめ

タブレット編でまとめてみましたが、2016年を皮切りに「ネットとリアルが融合」する部分が強くなる年ではなかろうかと勝手に予想しています。

バカだなーと見てる人もいるかと思いますが、そしたらコメントで文句でも言ってください(*´∀`*)笑

 

なんにせよ、ビジネスにはもちろん、アフィリでも転売(せどり)にもこういったアンテナを張るってとても大事です。

アンテナ張ってればとんでもないお宝情報が舞い込んでくるかもですよ!

 

偉そうなことを言っても自分たちは底辺中の底辺にまだいます。

2016年はアフィリ、転売(せどり)に特化して地盤を固めに固めます。

 

まずは一つ一つ。

勝負の2017年に向けた展開を2016年で準備していきます。

準備ってなにさ?は違う記事にでも書こうかな。

 

余談…

先日、スロット稼働した際にハーデスのデカプッシュからのGOD。珍しかったから動画撮っちゃいました。ハーデスでやっと勝てた_| ̄|○

 

2016年もみなさんにとって来年もいい年であることを☆

 

のび男

 

転売屋たちも見てる最新転売情報ランキンを覗いてみよう

にほんアフィリエイターが集うアフィリエイトランキング
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ