アフィリエイトを外注化する際に気をつけろ!すぐ辞めるライターさんの特徴!

どうも

のび男

のび男です。

 

デブガリでアフィリエイトを担当しています。

現在会社勤めしており、いかに時間を効率よく使うのかがポイントになってきます。

そこでアフィリエイトをする際にどのようにして効率をよくしていくのかですが、

 

作業の外注化

 

が重要になってきます。

 

アフィリエイトで言えば、

・記事の執筆

・サイトデザイン

・サイト運用

などが外注化として代表的に使われている項目ですね・ω・

 

そこでのび男も上手に時間を使うために外注化しているのですが、何人も何十人もやり取りをしてわかった、すぐ辞めるライターさんの特徴をまとめてみたいと思います・ω・

項目に当てはまる人に出くわしたらちょっと注意して見てください・ω・

アフィリエイトを外注化する際に気をつけろ!すぐ辞めるライターさんの特徴!

■こんなライターさんはすぐ辞めちゃう!!!

急ぎ足ですが早速行ってみましょう。

 

こんなライターさんはすぐ辞めちゃう!!

だい!!!いち~~~~~~~は!!?

 

 

 

ドュルルルルルルルルルルルルルルルル

 

ドュルルルルルルルルルルルルルルルル

 

ドュルルルルルルルルルルルルルルルル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バン!!!!!

 

 

第1位

「お金についてしつこい」

 

はい。まずはもうこれしかないです(´・ω・`)笑

もう圧倒的に1位です(´・ω・`)

外注化クラウトソーシングは記事執筆をお願いしていて、募集には「依頼内容」「記事のマニュアル」「禁止事項」「報酬」などを細かく掲載しています。

 

でも、このパターンの人から来る内容は決まって、

 

『報酬の件ですが、手数料はどちら持ちになりますか?』

『報酬支払日は当日中に振り込まれますか?』

『報酬単価UPと書いてありますが、どの期間でUPしますか?』

 

などと依頼内容よりも報酬について聞いてきます。

期間って…。はっ?

というのが、私の素直な意見です。

初めから邪険にしたりはもちろんしませんが、お金に困っている人が特徴のタイプですので割に合わないと自分で判断したら辞めてしまいます。

仕事内容に責任は中々もってもらえません。

上記のような質問がきたらムムムッ!!と危険センサーを働かせてみましょうね。

 

 

 

 

 

では、続きいきます!

第2位!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2位

「余計な話が多い」

 

余計な話と言うと語弊があるかと思いますが、これがピッタリきます。

 

『子供が泊りに来ているので、集中して作れないですー。昨日までで2つしか作れていませんー(みっともない言い訳です)~~~~~。~~~ほんと子供には手を焼きますね^^』

『最近、車を修理したのですがなんであんなにかかるんでしょうかね。困りました。』
嘘のようですが、ホントにこのコメントがきました。
ほんの一部ですが、依頼のやり取りの7割は関係のない話を持ち込んできます。
連絡が来るコメントが長いのが特徴です。
基本的にいい人ではあるのですが、こちらも仕事としてのパートナーとしては注意しましょう。

 

続きます。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3位

「こだわりが強い」

 

こちらは3人ほどいたのですが、中々強烈でした。結局契約にはいたりませんでしたがちょっとご紹介。

SOHOでのやり取りで、

 

『ライティングマニュアルを熟読し記事を仕上げていきたいです。細かいご配慮感謝いたします。

のび男様、一点テストライティング後の事ですが採用となりましたら契約書を紙面でかわすことは可能でしょうか』

 

Gmailにもこのように黄色いラインを引いて契約書の紙面を希望してきました。

 

何度かやり取りをしたのですが、必ず「契約書を紙面」を付けてきます。

 

返信した内容が

「それでは記事ルールマニュアルを添付させてもらいますのでよくお読みください。~~~~~~~~(省略)。

契約書の件ですが、紙面でかわすのは構いませんがそのようなケースが初めてなので作りこんだ契約書を用意はしておりません。簡易的なものでよければご対応いたします。」

 

すると、

 

『もういいです!!!信じられません!!!契約書ないとだめでしょ!!!!』

 

 

 

 

え~~~~(´・ω・`)怒られた。

 

 

 

人によって価値観はありますが、SOHOで依頼をするにあたって私はWEB-IDを取得して提示していますので契約書は必要ないと考えております。

*WEB-ID:年間費を払い住所が確認できる書類を送付することによって証明書を発行

ランサーズなどでもサイト上のやり取りで仲介に入ってもらえます。

 

何か騙された経験でもあるのか、中々めずらしいケースでした。

 

 

 

 

 

TOP3の項目については外注化するにあたって少し注意が必要ですね。

スポンサードリンク

と、このままではライターさんのイメージが悪いままなので私がお付き合いしている良質なライターさんの特徴もご紹介しておきます。

 

■良質なライターの特徴

・提示したマニュアルをしっかり読み込んで理解してくれている

・依頼内容について提案してくれる

・分からないことについてそのままにしない

・礼儀正しい

・記事の内容が言葉巧みである

・急な依頼や多少の転換にも柔軟に対応してくれる

 

と、上げたらキリがないですがすぐ辞めちゃうライターさんがいる反面、うおぉ!いいじゃん!!ってライターさんもたくさんいます。

良質なライターさんには頑張った分報酬も惜しまず払います。

偉そうな立場みたいな感じに受け取れますが、依頼している側としてしっかり査定いく主義です。

ですが、今言ったとおり仕事熱心な方には評価として単価もUPします。ここは惜しみません。

 

良質なライターさんを雇って外注化していき、うまく時間を効率化していくとアフィリエイトでも自分の出来る事が増えてきます。

同じ兼業の人だったり、外注化は考えているがまだ依頼したことがないと言う人は是非検討してみるといいですよ・ω・

外注化できるクラウトソーシングのまとめはこちらで記事にしてます。

 

1記事書くのに2時間かかる仮定した場合、100記事書くのに

2時間/1記事*100記事=200時間かかります。

兼業の方の場合は1日平均作業時間は3~4時間がいいところです。

と言うことは、1日に頑張っても2記事しか書けません。

 

100記事/2記事(1日)=50日かかる計算になります。

1ヶ月と20日(50日)かかる作業を自分以外でもできる作業ならこの時間を効率的に外注化するのが理想です。

 

一人でできることも限界がありますしね(´・ω・`)

自分以外にもできる事は外注化!

自分にしかできない作業はとことん追求していく!

 

これができるようになるとアフィリエイトもスムーズに展開できるので是非活用してみてください^^

 

はじめての外注 記事依頼を出すならこの6サイト!クラウトソーシングまとめ!

 

のび男

転売屋たちも見てる最新転売情報ランキンを覗いてみよう

にほんアフィリエイターが集うアフィリエイトランキング
スポンサードリンク

2 Responses to “アフィリエイトを外注化する際に気をつけろ!すぐ辞めるライターさんの特徴!”

  1. ロコ より:

    こんにちは。
    先日はコメントありがとうございました。

    私はまだ外注さんを雇ったことがありません。
    トラブルが多いと聞いたからです。
    それに、納品された記事の質が悪いと
    自分で書くよりも時間がかかるとも
    聞きました。

    だから未だに外注さんは雇っていません。

    でも、外注さんを雇う時はこの記事を
    参考にしたいと思います。
    ありがとうございます。

    応援して帰りますね

    • のび男 より:

      ロコさん、こんにちは・ω・

      訪問&コメントありがとうございます。

      そうですね。確かに質の悪い記事が来ることもありますが、私は事前にテスト記事を書いて貰うようにしていますので一定レベルの方だけ依頼するようにしています^^

      質が悪いなら手直しもお願いしますし、それでも直らないようならお断りしています。あくまでビジネスなので^^;

      記事のアップや手直しも専属担当の方へ外注化していけばより効率化できます。

      是非外注さんを雇う際は参考にしてみてください^^

      応援ありがとうございました♪
      また遊びにいきますね

      のび男

コメントを残す

このページの先頭へ